丸鋸類研磨工程 chipsaw polishing process

ホリコシ工機 丸鋸類研磨工程

1.洗浄作業&刃先の確認

アルカリ性薬品に刃物工具を1夜浸置きし翌朝取り出し手作業にて、ヤニ等の洗浄します。
(使用済廃液は産業廃棄業者マニフェスト管理にて処理)

乾燥後刃先のカケ台金の不備等のチェック及びネーミング入れ。

2.台金修整作業

刃室の確保が必要と判断した場合研磨作業能率も考慮しWAトイシで修整作業します。
刃室の確保は非常に大事ですが、形状を間違えると刃先の強度に影響がでます。
又刃室が狭い場合は屑はけが悪く切削面が悪くなり刃先寿命も短くなります。

3.スクイ角研磨

スクイ角とは刃物の中心から刃先までの直線での角度のことです。
手動機械にてダイヤモンドホイル、#500にてメーカー指定(ユーザー指定)角度にて研磨します。切り込み量は磨耗状況で0.1~0.3mmの範囲です。
カケの小の場合はそのまま研磨します。カケの酷い場合は側面に影響が出ないように強く研磨する場合があります。

4.外周先端研磨

先端研磨は全自動機ドイツフォルマ社 CHC Pro .CHC 25H 2台でダイヤモンドホイル3層式 #120. #400. #600 にて研磨しています。手動機1台ダイヤモンドホイル#500使用。研磨精度はΦ203~Φ455迄 0.03~0.05mm  Φ500~Φ610mm迄 0.08mm 以内。
機械の精度にもよりますが (丸鋸フランジΦ100mm. 2/100. 軸 2/100. スラスト 3/100 )精度が出ていないとナイフマークの間隔が広く段差が酷くなります。精度が出ている場合はナイフマーク間隔は狭く段差は非常に小さいです。

5.研磨精度検査

投影機にて外周検査 (右ケビキ、左ケビキ、芯刃高低差)
Φ203~Φ455迄 0.03~0.05mm  Φ500~Φ610mm迄 0.08mm 以内

6.切削検査

昇降盤にて刃先のみの切削テスト (右ケビキ、左ケビキ、芯刃高低差)再確認と 台金フレ及び共鳴音検査
問題状況しだいでは、ユーザー様の材料をお借りして当社にて昇降盤、パネルソーにて切削テストおこないます。

7.仕上げ作業

刃物1枚づつサビ止拭き後丸鋸は刃先保護用テーピング巻きし箱詰め作業

ページ最上部へ