カッター、ルーター類研磨工程 cutter polishing process

ホリコシ工機 カッター、ルーター類研磨工程

1.洗浄作業&刃先の確認

アルカリ性薬品に刃物工具を一昼夜浸置きし翌朝取り出し手作業にて、ヤニ等の洗浄します。
(使用済廃液は産業廃棄業者マニフェスト管理にて処理)

乾燥後刃先のカケ台金の不備等のチェク及びネーミング入れ。

2.台金修整作業

台金2番の状態を確認し刃先に影響がある場合WAトイシにて2番背ズリ作業をします。
特にダウンカット切削については、特に2番背ズリは大事です。

3.スクイ角研磨

成型カッター類は基本スクイ角面のみの、研磨作業となります。
手動機械(マキノC-40湿式)にてダイヤモンドホイル、#500にてスクイ角 0°として研磨します。切り込み量は磨耗状況で0.1~0.3mmの範囲です。
切込み完了はホイルの切削音、電流計、切削面肌、刃先の状態で判断でいたします。
カケの小の場合はそのまま研磨します。カケの酷い場合は切削面に影響が出ないように強く研磨する場合があります。
溝付きカッター類は基本外周を一旦潰し研磨から始めます。是により外周精度を たかめます。スクイ角面の研磨後に外周逃げ角研磨を行い仕上げます。
ケビキ付きの場合は、外周潰し研磨の後外径逃げ角研磨の時にケビキの高低差の分を計算し切込み量を決め研磨します。

4.研磨精度検査

投影機及びダイヤルゲージにて外周検査 (右ケビキ、左ケビキ、芯刃高低差)
カッター類 Φ100~Φ305迄 0.01~0.05mm 以内
ルーター類Φ6~Φ70迄 0.01~0.05mm 以内

5.バランス検査

カッター類にてチップのカケ状態がひどい場合はバランス静動にて調整します。

6.仕上げ作業

刃物一個づつサビ止め拭き後箱詰め作業

ページ最上部へ